ユベントス、レアルDFマルセロから補強方針変更? 新候補はブラジルの新鋭DF

マルセロ(右)獲得に動いていたユーべだが一転、サッスオーロのブラジル人DFロジェリオ(左)に注目しているようだ【写真:Getty Images】
マルセロ(右)獲得に動いていたユーべだが一転、サッスオーロのブラジル人DFロジェリオ(左)に注目しているようだ【写真:Getty Images】

サッスオーロのブラジル人DFロジェリオが台頭、ユベントスも20歳DFに注目

 イタリア王者ユベントスは、今夏の移籍市場でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、ロナウドの長所を生かすためにレアル・マドリード時代の同僚であるブラジル代表DFマルセロの獲得を狙っているとされていたが、方針転換の可能性が指摘されている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ロナウドは今夏、移籍金1億1200万ユーロ(約145億円)でレアルからユベントスに加入。その年俸は3100万ユーロ(約40億円)と高額で、セリエA全体でも2位となるACミランのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの950万ユーロ(約12億円)にトリプルスコア以上という高額投資を行った。ロナウドの年俸は手取りとされるため、実質的には初年度だけでロナウドに2億ユーロ(約260億円)近い金額を掛けていると見られる。

 そのロナウドが前所属のレアルで自由にプレーできていたのは、左サイドバックのマルセロの存在も大きかった。ユベントスは現在所属のブラジル代表DFアレックス・サンドロに設定した額のオファーが届けば、その金額を原資にマルセロ獲得に動くと報じられていたなか、夏の移籍市場ではパリ・サンジェルマンからオファーが届かずに断念。冬の移籍市場でもその狙いは変わらないとされてきた。

 しかし、今季開幕から2勝1分でユベントスに次ぐ2位につけているサッスオーロに、新たな才能が現れている。それが、左サイドバックのブラジル人DFロジェリオで、1998年生まれの20歳に目を付けたユベントスは、ターゲットを変更する可能性があるという。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング