メッシが“永遠のライバル”レアルの現状に言及 「C・ロナウドの移籍で弱体化した」

メッシ(左)がC・ロナウド移籍後のレアルについて語った【写真:Getty Images】
メッシ(左)がC・ロナウド移籍後のレアルについて語った【写真:Getty Images】

今夏のユベントス移籍に「驚いた」と告白

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、地元ラジオ局「カタルーニャ・ラジオ」に出演し、永遠のライバルクラブであるレアル・マドリードに対して「クリスティアーノ・ロナウドが移籍して弱体化した」と発言した。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 レアルは昨季までUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を3連覇する偉業を成し遂げ、国内リーグを制しながらバルセロナは少し影の薄い状態にある。しかし、そのレアルからはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがイタリア王者ユベントスへ移籍し、代役と言えるほどの大型補強は成立しないままシーズンが開幕した。そうした状況を受けて、メッシはレアルについて言及している。

「レアル・マドリードは世界でもトップクラスの強豪だが、クリスティアーノ・ロナウドの移籍で弱体化したことは明らか。ユベントスはCLの優勝候補の一つだ。僕は彼がレアルから移籍することも、ユベントスに加入することも想像できなかった。世界中には多くの彼を欲しがるクラブがある。驚きではあったけど、彼は良いクラブへ行った」

 メッシはこう話し、CL優勝を争うライバルとしてロナウド加入のユベントスが浮上したという認識を示した。またレアルは、開幕3連勝でフランス代表FWカリム・ベンゼマが得点を量産しているが、それでもライバルの弱体化は明らかだとメッシは話している。

 メッシの発言はレアルの面々に火をつけることになるのか。それとも、その言葉通りにメッシを中心としたバルセロナが欧州で主役の座をロナウド加入のユベントスと争うことになるのだろうか。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング