“日韓決勝”を制した韓国代表を母国絶賛 スピード、力、技術、高さ…「全てで日本を凌駕」

アジア大会連覇を飾ったU-23韓国代表【写真:AP】
アジア大会連覇を飾ったU-23韓国代表【写真:AP】

延長で韓国が2ゴール 母国メディア「金にふさわしい実力と底力を見せた」と総括

 U-23韓国代表は1日、アジア大会男子サッカー決勝のU-21日本代表戦で延長戦の末に2-1と勝利し、大会連覇を飾った。、韓国サッカー専門サイト「フットボリスト」は「全てにおいて韓国が日本を圧倒した」と報じている。

 日本が東京五輪を視野に入れたU-21代表チームで参戦した一方、韓国はU-23世代をベースに、A代表のエースFWソン・フンミン(トットナム)らを招集してオーバーエイジ3枠をフル活用。金メダルを獲得すれば兵役免除となる韓国は、日本との決勝で序盤から攻勢を強めるなか、日本は押し込まれながらも失点を許さず、0-0のまま延長戦へ突入した。

 同前半3分、ソン・フンミンのドリブルを起点に、最後は途中出場のFWイ・スンウ(ヴェローナ)が左足シュートで先制弾。さらに同11分、ソン・フンミンの左FKからファーサイドでFWファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)が頭で合わせて追加点を奪う。同後半10分に1点返されたものの2-1で勝利した韓国が2大会連続の金メダルを獲得した。

 記事では延長に入っても韓国のスピードは衰え知らずと指摘し、「日本を圧倒していた力、技術、パスが一体となって先制ゴールが生まれた」と先制弾の場面を振り返っている。さらに、追加点に関しても「相手よりはるかに高く跳んでヘディングゴールを奪った」と高さの面でも上回ったと称えた。

「スピード、力、技術、高さ…全てで韓国が日本を凌駕した」と勝因を分析。記事では必然の勝利として「韓国が金にふさわしい実力と底力を見せた」と総括している。

 アジア大会で史上初の日韓対決が実現し、因縁のライバルを退けて大会連覇での金メダルという最高の結果を手にした韓国代表を、母国メディアも手放しで称賛した。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング