日韓決勝で先制弾の元神童FW 「金の音」伝説級ポーズに反響「超クール」「可愛い」

日本戦で先制点を決めたMFイ・スンウ【写真:AP】
日本戦で先制点を決めたMFイ・スンウ【写真:AP】

アジア大会決勝の日本戦に後半途中から出場のFWイ・スンウが延長前半に先制ゴール

 U-23韓国代表は1日、アジア大会男子サッカー決勝で森保一監督率いるU-21日本代表と激突し、延長戦の末に2-1と勝利して大会連覇を飾った。途中出場で貴重な先制点を叩き込んだFWイ・スンウ(ヴェローナ)は、ゴール直後に堂々たるポーズを披露。かつて“韓国のメッシ”と称されるなど神童として注目を集めたアタッカーは、ファンからは「本当にカッコいい」「可愛い」「超クール」などの反響を呼んでいる。

 今大会で優勝すれば兵役免除の恩恵にあずかる韓国が序盤から攻勢を強めるも、日本が粘り強く対応して0-0のまま推移。だが延長戦前半3分、オーバーエイジ枠で出場のFWソン・フンミン(トットナム)がドリブルでゴール前に侵入すると、ボールを奪い取るような形で後半途中から出場したイ・スンウが左足を振り抜き、待望のゴールを決めた。

 これで均衡が破れると、同11分にはソン・フンミンの左FKからファーサイドでファン・ヒチャンに頭で合わせて2点目。日本は延長後半10分にFW上田綺世(法政大)のゴールで1点返したが、韓国が2-1と勝利して大会連覇を飾った。

 大韓サッカー協会(KFA)は公式インスタグラムを更新し、試合結果を速報。先制点を叩き込んだイ・スンウが両耳裏に手を当てて、「もっと声援と拍手を!」と言わんばかりのポーズを決めている写真を投稿した。

 返信欄では「本当にカッコいい」「最高だ」「可愛い」「超クール」「伝説級」「なんて日だ」など様々なコメントが並んでいる。韓国紙「スポーツ朝鮮」では、イ・スンウがゴール直後、看板の上に立って耳裏に手を当てている写真を公開。さらに「イ・スンウ、“金の音が聞こえる!”」と説明文を付けて紹介した。

 2014年のU-16アジア選手権準々決勝・日本戦でもイ・スンウはハーフライン付近からドリブルで驚愕のゴールを決めており、この日の日韓戦ゴールにより「日本キラー」と命名。そしてその直後に披露した耳裏両手当てポーズが話題となっている。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング