アジア大会銀メダルの森保監督、“日韓戦”惜敗で指摘 U-21日本代表の課題とは?

U-21日本代表を率いた森保一監督【写真:Getty Images】
U-21日本代表を率いた森保一監督【写真:Getty Images】

守備の奮闘を称える一方、カウンターの精度に向上の余地あり

 アジア大会男子サッカー決勝、森保一監督率いるU-21日本代表は1日、U-23韓国代表との決戦に挑んだ。延長戦で相手エースFWソン・フンミン(トットナム)に2アシストを許して1-2で敗れ、銀メダルに終わったなか、森保監督は「カウンターの精度」を課題に挙げた。

 U-23世代をベースに、A代表のFWソン・フンミンらオーバーエイジ3枠をフル活用する必勝体制で今大会に挑んだ韓国に対し、日本は東京五輪を視野に入れたU-21代表チームで参戦。因縁の日韓対決となった決勝戦は、韓国に猛攻を受ける展開となった。

 前後半を無失点でしのぎ切って迎えた延長戦開始早々の3分、日本はペナルティーエリア内左からソン・フンミンに攻め込まれる。そしてゴール前中央にカットインしたところを途中出場のFWイ・スンウ(ヴェローナ)にシュートを許し、ついに先制点を奪われた。

 さらに延長前半11分、ソン・フンミンの左FKからファーサイドでFWファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)に頭で合わせられて決定的な2失点目。日本は延長後半10分に上田綺世(法政大)のゴールで1点を返すのが精一杯だった。

 試合後の会見で森保監督は、「守備の部分では選手たちが非常に頑張ってくれた」と称えた一方、課題も挙げることも忘れなかった。

「カウンターの精度は、もう少しボールをつなぐ時間を作れれば良かった。課題としたい。今日、決勝戦で敗退したが、これまでになかったタフさを出して優勝に懸ける思いを見せてくれたこと。選手たちがやってきたことに誇りを持って、優勝に足りなかった部分をこれからの成長につなげてほしい」

 東京五輪まで2年を切ったなか、選手たちがどのような成長曲線を描けるか。アジア大会での悔しさを胸に全力疾走を続ける。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング