「悪役だった」 神戸ポドルスキ、足裏タックル一発退場に海外反響「完全に不必要」

元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】
元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】

前半終了間際にトラップミスからタックルでポドルスキが退場、札幌FW都倉と口論も

 ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、1日のJ1第25節北海道コンサドーレ札幌戦に先発し、前半終了間際に危険なタックルで一発退場となった。一人少ない神戸は劣勢となり、試合も1-3と敗れている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は前半11分、MF駒井善成のクロスからファーサイドに走り込んだFW菅大輝が頭で合わせて札幌に先制点を献上。神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを中心に攻撃を組み立てるもゴールはなかなか同点ゴールを奪えず、前半アディショナルタイム3分にその場面は起きた。

 神戸が左サイドのスローインからDFアフメド・ヤセルがボールを投げ入れると、下がり気味に受けたポドルスキがトラップ。しかし、上手くコントロールしきれずにボールが流れると、こぼれ球に札幌MF深井一希が反応した。ポドルスキは慌てて体を投げ出すも、一歩遅れて足裏からタックルする形となって深井と接触。これが危険なタックルと判断されて一発退場となった。 驚きの表情を浮かべたポドルスキは主審に抗議したが、最終的に判定は覆らず。さらにその間、ピッチから早く去るように促した札幌FW都倉賢と一触即発の口論も繰り広げた。

 ハンガリーメディア「index」は「ポドルスキが一発退場」と速報。「札幌と対戦したが、元世界王者に喜びはなかった。相手に気圧されて、試合を通じてイライラしていた。完全に不必要な退場だった」と記している。また、ポルトガルメディア「Noticias ao Minuto」も「前半終了間際にレッドカードを受けて、ポドルスキはこの試合の悪役だった」と伝えている。

 イニエスタ加入後初のリーグ2連敗を喫した神戸だが、退場となったポドルスキのプレーが海外から注目を浴びている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング