ヘタフェ残留の柴崎岳、中盤に新ライバル ウルグアイ人MFクリストフォロが加入

ヘタフェMF柴崎岳(左)、期限付き移籍でヘタフェに加入することになったMFクリストフォロ(右)【写真:Getty Images】
ヘタフェMF柴崎岳(左)、期限付き移籍でヘタフェに加入することになったMFクリストフォロ(右)【写真:Getty Images】

バジャドリード戦は2試合連続の出番なし

 ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、現地時間31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節バジャドリード戦(0-0)にベンチ入りしたものの、2試合連続の出番なしに終わった。またクラブは移籍期限直前のタイミングで、フィオレンティーナからウルグアイの年代別代表の経験を持つMFセバスティアン・クリストフォロを獲得した。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 1勝1敗でスタートしたヘタフェはバジャドリードをホームに迎えたこの一戦、ぺぺ・ボルダラス監督のハードワークと失点を防ぐ堅実なスタイルを堅持。後半途中には柴崎にアップの声がかかったものの、出番は巡ってこなかった。

 移籍期限最終日にベンチ入りしたことで、チームの戦力として計算されている一方、センターハーフの位置に新たなライバルが出現した。クリストフォロはU-20ウルグアイ代表時代に2013年のU-20ワールドカップ準優勝の経験を持ち、セビージャを経て16-17シーズンからフィオレンティーナでプレー。そして出番を求めて、今シーズン終了までの期限付き移籍でヘタフェに加入することになった。

「クリストフォロはボルダラスがファイサル・ファジル退団後のMF陣容と、マルケル・ベルガラの負傷を受けて求めた、アズロン(ヘタフェの愛称)にとって直近の加入となる」としており、スペイン語圏のクリストフォロが即戦力になるとしている。

 森保一新監督の日本代表9月シリーズに招集されなかった柴崎は、クリストフォロらとのチーム内競争に生き残れるのかが、現状の目標となりそうだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング