運命の日韓決勝、韓国メディアが“日本の三大利点”指摘 「体力+左サイド+心理負担ゼロ」

(上から)U-21日本代表、U-23韓国代表【写真:Getty Images&AP】
(上から)U-21日本代表、U-23韓国代表【写真:Getty Images&AP】

アジア大会決勝の日韓戦を展望 「客観的に韓国の戦力が日本よりも上」と分析も…

 森保一監督率いるU-21日本代表は9月1日、アジア大会男子サッカー決勝でU-23韓国代表と激突する。大会史上初の日韓決勝に大きな注目が集まるなか、韓国サッカー専門サイト「フットボリスト」が大一番を展望。日本代表の“三大利点”を挙げている。

世代のスターを見つけろ!DAZN無料登録・見逃し配信実施中!

 U-23代表世代が戦うアジア大会は、各チーム3人までオーバーエイジを招集可能だが、日本は2020年の東京五輪を見据えてU-21代表で出場し、MF堂安律(フローニンゲン)ら海外組の招集を見送った一方、オーバーエイジ枠も未活用。一方の韓国はFWイ・スンウ(ヴェローナ)らU-23世代の海外組を呼び寄せ、さらにオーバーエイジでA代表のエースFWソン・フンミン(トットナム)、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、GKチョ・ヒョヌ(大邱FC)と、3枠をフル活用して戦力を整えた。

 記事では「大学生選手も主力としてプレーしており、スターも不在。客観的には韓国の戦力が日本よりも上回っている」と分析。それでも日本に三つの利点があると主張している。

 一つ目に挙げたのが、体力的余裕だ。「日本はグループリーグでベトナムに敗れたが、決勝トーナメントは大きな困難もなく勝ち上がってきた。あまり失点せず、延長戦に突入することなく勝利している。韓国より平均年齢が若く、走った時間もより少ないので、体力的な余裕がある」と記している。韓国は準々決勝のウズベキスタン戦で延長戦までもつれ込み、辛くも4-3と勝利した。そうしたダメージが、少なからず残っているとしている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング