U-21日本代表、UAE戦は前半0-0 ライバル韓国との“決勝対決”を懸けて勝負の後半へ

アジア大会UAE戦はスコアレスドローで後半へ【写真:AP】
アジア大会UAE戦はスコアレスドローで後半へ【写真:AP】

“韋駄天トリオ”の岩崎、前田、旗手が攻め込むもゴールは奪えず

 森保一監督率いるU-21日本代表は29日、アジア大会男子サッカー準決勝でU-23UAEに挑み、0-0で前半を折り返した。

 2-1でサウジアラビアに勝利した準々決勝から中1日というハードスケジュールのなか、森保監督は出場停止のDF板倉滉(ベガルタ仙台)を含む4人のスタメンを変更。ボランチでの出場が続いていたMF松本泰志(サンフレッチェ広島)がベンチに座り、MF神谷優太(愛媛FC)が先発。またここまで4ゴールを奪っているFW岩崎悠人(京都サンガF.C.)、前田大然(松本山雅FC)、旗手怜央(順天堂大)の“韋駄天トリオ”が前線に並んだ。

 試合はUAEがボールを握り、日本が鋭い出足でゴール前へと迫る展開となった。前半6分には前田のペナルティーエリア内での落としを受けた岩崎が左足で、同24分には左サイドをドリブル突破した岩崎のクロスから旗手がヘディングシュートを放ったものの、枠を捉えられなかった。前半36分には左サイドの遠藤渓太(横浜F・マリノス)からのクロスを前田がダイビングヘッドで合わせたが相手GKの正面を突いた。

 勝利すればFWソン・フンミン(トットナム)ら擁する韓国との決勝戦に臨める日本。貴重なワールドクラスとの実戦経験、そして公式戦初タイトルを得るためには、何が何でも勝利したいところだ。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング