モドリッチ&クルトワは“サブ扱い”? レアル盤石の開幕2連勝も現地紙が采配に注目

(左から) クルトワ、モドリッチ【写真:Getty Images】
(左から) クルトワ、モドリッチ【写真:Getty Images】

ジローナに4-1と大勝、モドリッチは公式戦3試合連続のスタメン落ち

 レアル・マドリードは現地時間26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節ジローナ戦で、元フランス代表FWカリム・ベンゼマの2ゴールなど攻撃陣が爆発し4-1で大勝、開幕連勝スタートを飾った。その一方でロシア・ワールドカップ(W杯)MVPのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが公式戦3試合連続のベンチスタート、そしてGKティボー・クルトワも控えとフレン・ロペテギ新監督の采配にも注目が集まっている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 試合は前半16分にジローナのMFボルハ・ガルシアに先制点を許す展開となったものの、同38分にMFマルコ・アセンシオが獲得したPKをキャプテンのDFセルヒオ・ラモスが冷静に決めて同点に追いつく。後半6分にも再びアセンシオがPKを得ると、今度はベンゼマが決めて勝ち越しに成功した。

 そして同14分にはGKケイラー・ナバスからのスローを受けたMFイスコがスルーパスを放つと、FWギャレス・ベイルが俊足をかっ飛ばして左足シュートを決める超高速カウンターで3点目。同35分にはベイルのクロスを合わせたベンゼマがこの日自身2点目を奪い、勝負あった。

 ユベントスに去ったFWクリスティアーノ・ロナウドなしでも破壊力は健在、というところを見せつけたレアル。その一方で、ピッチに立つメンバーは少々意外なものだった。3点目のシーンで描写した通り、守護神はフロレンティーノ・ペレス会長の肝いりで獲得したクルトワではなくナバス。そして4-2-3-1システムを採用し、ダブルボランチはMFカゼミーロとMFトニ・クロース。モドリッチは後半32分、イスコに代わっての起用だった。

 ロシアW杯での八面六臂の活躍で世界中を虜にしたモドリッチだが、スペイン紙「マルカ」によるとUEFAスーパーカップからリーガ2試合の公式戦3試合すべてベンチスタートの途中出場となっている。インテルへの移籍の噂が出たもののそれを否定して“レアル愛”を表明したモドリッチだが、ロペテギ監督の起用法はここまでサブ扱いとなっている。

 果たして序列はこのままなのか、それとも――。クルトワとモドリッチの扱いは、今後も現地メディアの注目を集めることになりそうだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング