ヤングなでしこ、相手応援団にお辞儀挨拶で大拍手 公開映像に賛辞「美しい」「敬意に値」

U-20女子日本代表【写真:Getty Images】
U-20女子日本代表【写真:Getty Images】

U-20女子W杯準決勝でイングランド撃破、日本が見せた“勝者の品格”に称賛

 “ヤングなでしこ”の愛称を持つU-20女子日本代表は、20日にフランスで開催されているU-20女子ワールドカップ(W杯)準決勝イングランド戦で2-0と勝利し、初の決勝進出を果たした。大会公式ツイッターでは、試合後に日本の選手たちがイングランド代表のファンに頭を下げ、お辞儀しながら挨拶する動画を公開。「フェアプレー」とその精神を称え、ファンからも「美しい」と賛辞が送られた。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 イングランド戦でチームに勢いをもたらしたのは日本のエースFW 植木理子(日テレ・ベレーザ)だった。前半22分、相手を背負った状態でパスを受けると、ドリブルとフェイントで揺さぶり反転から右足シュートでネットを揺らした。さらに同27分、右サイドからMF宮澤ひなた(ベレーザ)がドリブルで打開し、左足でミドルシュート。クロスバーに当たった跳ね返りをMF遠藤純(JFAアカデミー福島)が頭で押し込んで2点目を奪った。

 後半はイングランドの激しいプレスに苦しむ場面も増えたが、そのまま逃げ切った日本が2-0と勝利。U-20女子W杯最高3位の日本にとって、史上初の決勝進出となった。試合後、日本の選手たちは相手選手と健闘を称え合い、さらにスタンドにも挨拶。日本のサポーターだけでなく、イングランドサポーターの前にも歩みを進め、横一列に並んだ日本の選手たちが掛け声とともに一斉に頭を下げて感謝を伝えた。これには敗れたイングランドのサポーターも惜しみない拍手を送っている。

 この心温まる光景に反応したのが大会公式ツイッターだ。日本の女子選手たちがスタンドに挨拶する様子を映した動画を公開し、「フェアプレー」と記している。返信欄では「おめでとう!」「美しい」「彼女たちは称賛と敬意に値する」「素晴らしい」「一流」「これこそなでしこ精神」などのコメントが並んだ。

 U-20女子日本代表は“勝者の品格”を示し、その振る舞いでも称賛の的となっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング