リーズ井手口が独2部グロイター・フュルトに期限付き移籍 クラブ歓迎「若くて才能溢れるMF」

昨季クルトゥラル・レオネサでプレーした井手口は、グロイター・フュルトに移籍【写真:Getty Images】
昨季クルトゥラル・レオネサでプレーした井手口は、グロイター・フュルトに移籍【写真:Getty Images】

レンタル期間は1年間、買い取りオプション付き

 イングランド2部リーズ・ユナイテッドの日本代表MF井手口陽介が21日、ドイツ2部グロイター・フュルトに期限付き移籍することが公式サイトで発表された。レンタル期間は今季終了までで、買い取りのオプションが付くという。

 井手口は今年1月にガンバ大阪からリーズに完全移籍。イギリスの労働ビザ発行基準を満たしていないため、そのままスペイン2部クルトゥラル・レオネサへ期限付き移籍していた。今季は奇才マルセロ・ビエルサ監督が就任したリーズに復帰していたが、“戦術マニア”のアルゼンチン人指揮官は構想外であることを公言していた。

 そんななか、グロイター・フュルトは21日、公式サイトで井手口の獲得を発表。レンタル期間は今季終了までで、買い取りのオプションが付くという。クラブのマネジメント・ディレクターを務めるラシド・アズーリ氏は「ヨウスケは若くて、才能溢れるミッドフィールダー」と評し、日本のダイナモ加入を歓迎した。

 ロシア・ワールドカップの日本代表メンバーから漏れ、悔しさを胸に迎える新シーズン。井手口は初めて降り立つドイツの地で巻き返しを見せたいところだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング