ニュルンベルク移籍の久保、流暢なドイツ語で決意 「多くのゴールとアシストを…」

ヘントから期限付き移籍でニュルンベルクに加入した久保裕也【写真:Getty Images】
ヘントから期限付き移籍でニュルンベルクに加入した久保裕也【写真:Getty Images】

ヘントから期限付き移籍、ファンからは温かいコメントも

 ドイツ・ブンデスリーガのニュルンベルクに期限付き移籍で加入した日本代表FW久保裕也が、流暢なドイツ語で新天地での目標を語り、ファンから「全力で応援する」とサポートを受けた。

 ニュルンベルクは現地時間19日、久保をベルギーのヘントから1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表。買い取りオプションが付帯しており、来季は完全移籍となる可能性もある。

 久保は20日にメディカルチェックを受け、新天地で最初のトレーニングに臨んだが、クラブはその様子を追い、インタビューを行った。2013年から17年までスイスのヤングボーイズに所属していた久保は、当時からドイツ語を話しており、この日も流暢なドイツ語で「このクラブと契約ができて、とても嬉しく思います。チームに貢献したいです。僕の目標は多くのゴールを決め、多くのアシストをすること。そして勝つことです」とコメントしていた。

 そんな久保のコメントに対し、ツイッター上ではファンから「その目標のために全力で応援するよ!」とのコメントも。言葉の壁をすでに乗り越えている久保だけに、チームメイトとのコミュニケーションや連携構築にはさほど問題がないと思われる。

 昇格組のニュルンベルクは、25日のブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと対戦。加入から日が浅いが、久保はスタメンの座を勝ち取ることができるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング