総額1513億円の「移籍金史上最高額イレブン」を英選出 直近2年で驚異の“689億円増”

(左から)ネイマール、ポグバ、C・ロナウド、ハメス・ロドリゲス、ムバッペ【写真:Getty Images】
(左から)ネイマール、ポグバ、C・ロナウド、ハメス・ロドリゲス、ムバッペ【写真:Getty Images】

ストライカーや攻撃的MFだけでなく、DFやGKの移籍金も高騰

 サッカー選手の移籍金は年々高騰を続け、選手一人で100億円単位の金額が動くことも珍しくなくなっている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、スター選手だけを集めた「史上最高額イレブン」を選出した。

 現在の移籍金史上最高額は、2017年にバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へ渡ったブラジル代表FWネイマール。移籍金は1億9800万ポンド(約279億円)で他の追随を許していない。

 それに続くのは昨夏PSGが獲得したフランス代表FWキリアン・ムバッペで1億6600万ポンド(約234億円)。そして今夏に1億500万ポンド(約148億円)でレアル・マドリードからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを加えた3人が、3トップに君臨している。

 中盤は2016年に当時の移籍金世界記録を更新したフランス代表MFポール・ポグバ、バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、バイエルン・ミュンヘンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスというトリオ。FW陣に負けず劣らずの豪華な顔ぶれとなっている。

 これまで高額移籍と言えば、攻撃的MFやストライカーがメインだったが、近年はGKやDFの選手の移籍金も高騰している。今夏チェルシーが獲得したスペイン代表GKケパ・アリサバラガは7160万ポンド(約101億円)で、GK史上最高額を更新した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング