C・ロナウドの開幕戦に辛口の伊メディアが合格点 「左サイドを崩した」「良い印象」

ロナウドはゴールこそなかったがイタリアメディアからは上々の評価を受けている【写真:Getty Images】
ロナウドはゴールこそなかったがイタリアメディアからは上々の評価を受けている【写真:Getty Images】

デビュー戦はノーゴールに終わるも、積極的なシュートや衛星的な動きが評価される

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間18日のイタリア・セリエA開幕戦キエーボ戦で公式戦デビューを飾った。チームは3-2で勝利し、ロナウドはゴールこそなかったがイタリアメディアからは上々の評価を受けている。

 ロナウドは前半こそ2人、3人と囲い込むようにマークを受けて自由なプレーをさせてもらえなかったが、左サイドでボールを受けると反転しながらゴール枠内に飛ばす強烈なシュートも披露。後半に入るとヘディングシュートや左サイドの角度がない位置でのフリーキックで強烈な枠内シュートを放つなど存在感を示した。

 イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、ロナウドに「6.5点」をつけ、「センチメートル単位で外れたようなシュートがあった。ロナウドのゴールは(相手GKステファノ・)ソレンティーノにより先送りとされた。後半はユベントスを泥沼から救い出すように積極的なシュートも放ち、左サイドを完全に崩した。良い印象を与えたが、ゴールという結果にはならなかった」と、プレー内容は良かったと分析した。

 同サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」もロナウドを「6.5点」とし、「ソレンティーノの被害者になったが、中央でも左サイドでも印象的なプレーを多く見せた。後半に見せたストライカーをサポートしながらゴール前に迫っていくプレーは、少し過去の彼のプレーを思い起こさせるようなものだった」と評価。元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを投入した後に、衛星的な動きをするプレーが印象的だったと記した。

 両メディアはともに、途中出場から1得点1アシストを記録したイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキをこのゲームの最優秀選手に選出している。

 イタリア初ゴールでデビューとはならなかったロナウドだが、ロシア・ワールドカップ後に休暇を取り、まだトップコンディションではないのは容易に想像がつく。今後、セリエAでもゴールを量産しそうな気配を見せた開幕戦に、辛口のイタリアメディアも合格点を与えていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング