U-21日本代表、第2戦で見えた「エネルギーと創造性」 英記者が“トリデンテ”を称賛

マイケル・チャーチ氏の目にU-21日本代表のプレーはどのように映ったのだろうか【写真:AP】
マイケル・チャーチ氏の目にU-21日本代表のプレーはどのように映ったのだろうか【写真:AP】

“アジア通”のマイケル・チャーチ氏、3トップを務めた旗手、前田、岩崎を高く評価

 A代表との兼任監督を務める森保一監督が率いるU-21日本代表は、インドネシアで開催されているアジア大会で、14日のグループリーグ初戦ネパール戦(1-0)に続いて16日のパキスタン戦でも4-0の勝利を飾った。2連勝で決勝トーナメント進出を確定させている。

 ワールドカップを6大会取材し、アジアサッカー通としても知られる英国人ジャーナリスト、マイケル・チャーチ氏の目にU-21日本代表のプレーはどのように映ったのだろうか。試合を見た同氏が特別寄稿。初戦のパフォーマンスを高く評価していた森保監督の秘蔵っ子であるMF松本泰志(サンフレッチェ広島)がパキスタン戦でもキーマンの一人だったと名前を挙げ、さらに前線で起用された“トリデンテ”の活躍も称賛している。

 ◇   ◇   ◇

 パキスタン戦では14日のネパール戦からスタメン8人を入れ替えたなか、MF松本泰志が、GK小島亨介(早稲田大)、ウイングバックのMF長沼洋一(FC岐阜)とともに2試合連続で先発起用されたことに驚きはなかった。サンフレッチェ広島のミッドフィールダーは、ネパール戦に続いて日本に良いテンポをもたらす重要な役割を担った。

 この試合で、彼は周りの選手から素晴らしいサポートを受けていた。日本は相手に上手くプレスをかけ、キックオフのホイッスルが鳴った直後からボールを素早く動かしていた。そのアプローチによって、特に前半は何度もパキスタンの守備を脅かした。

 日本の3トップ(前田大然、旗手怜央、岩崎悠人)は初戦と比べて質の高さを見せた。岩崎悠人(京都サンガF.C.)は前半に2得点を決めた以外にも目を引く選手だった。特に、左サイドを駆け上がったMF遠藤渓太の折り返しを、旗手を経由して決めた2得点目はゴール中央での素早いプレーが印象的だったが、彼の動きと周囲の理解がもたらしたものでもあった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング