バルサ、仏代表MFポグバの引き抜き失敗 「65億円+代表二人の譲渡」の条件も実現せず

フランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】
フランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】

コロンビア代表DFミナとポルトガル代表MFゴメスを含めたトレード案は頓挫

 スペイン王者バルセロナはマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ獲得に向けて動いたが、これは失敗に終わったようだ。移籍金4500万ポンド(約65億円)に、二人の代表選手を含めたトレードをオファーしていたが、ユナイテッドが拒否したと英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 ポグバは2016年に当時の移籍金史上最高額となる8900万ポンド(約128億円)でユベントスからユナイテッドへ移籍。今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)ではフランス代表のレギュラーとして優勝を果たした。

 メガクラブを渡り歩いてきた25歳に、今度はバルセロナが熱視線を送っているという。

 チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(←バイエルン・ミュンヘン)やブラジルの逸材MFアルトゥール(←グレミオ)、MFマルコム(←ボルドー)などを補強しているカタルーニャの雄は、ポグバ獲得に向けて「4500万ポンド(約65億円)+コロンビア代表DFジェリー・ミナとポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの譲渡」という条件でオファーした。

 ロシアW杯ではへディングだけで3得点を決めたミナは、今夏ユナイテッドが獲得を狙っていると噂されるセンターバックだ。また、2016年にバレンシアからバルセロナに移籍したゴメスはレギュラーポジションをつかめず、ウェストハムなどへの移籍が取り沙汰されていた。

 とはいえ、ユナイテッドには主軸であるポグバ放出の意思は全くないようだ。オファーは断られ、バルサのポグバ引き抜きプランは失敗に終わったと見られる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング