ストイコビッチ監督、中国人GKの“凡ミス失点”が波紋拡大 「ピクシーに大惨事」

広州富力を率いるストイコビッチ監督【写真:Getty Images】
広州富力を率いるストイコビッチ監督【写真:Getty Images】

広州富力GKチョン・ユーレイがストイコビッチ監督も怒りを示す失態

 中国1部・広州富力は現地時間5日の広州恒大との“広州ダービー”で2-4と完敗。守護神の中国代表GKチョン・ユーレイが痛恨ミスから失点を許し、チームを率いるドラガン・ストイコビッチ監督の母国であるセルビア(旧ユーゴスラビア)メディアも「ピクシーに大惨事」と報じている。

 ホームの広州富力は前半24分に元J1川崎フロンターレのFWレナトのゴールで先制するも、わずか4分後に同点ゴールを被弾。さらに、後半開始直後にも広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョに得点を奪われ、逆転を許してしまう。そして1点ビハインドで迎えた後半20分、試合を決定づけるようようなプレーが生まれてしまった。

 相手のミドルシュートが守備陣に当たり、浮き球がゴール前のチョン・ユーレイの元へ。背番号1は迷わず前に出たが、目測を誤ったのかキャッチできずにスリップし、こぼれ球を広州恒大の元ブラジル代表FWリカルド・グラルにかっさわられて3失点目を喫した。

 ボール自体はオフサイドの対象だったが、GKの自滅によってそれが適用されずに失点。かつてJ1名古屋グランパスをリーグ優勝に導いたストイコビッチ監督は、“キャッチしろ”と言わんばかりに胸の前でボールを抱えるようなジェスチャーをとって怒りを露わにした。広州富力はその後、後半43分にも4点目を献上し、結局ダービーマッチは2-4で敗れた。

 中国メディア「新浪体育」は「チョン・ユーレイの説明不可能なミス」と断罪していたが、中国紙「Global Times」も「ひどいゴールキーピング」「滑稽な試み」と伝え、中国のスポーツ専門サイト「sportscn」は「プレゼントの送り間違い」と表現している。

 さらに、セルビア紙「Informer」も「ピクシーに大惨事」と報道。世界でも名の知られるストイコビッチ監督が指揮を執るだけに、チョン・ユーレイの凡ミスは反響が広がっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング