2位に4倍差以上の断トツ評価! レアルMFクロース、ドイツ年間最優秀選手賞を初受賞

レアル・マドリードMFクロース【写真:Getty Images】
レアル・マドリードMFクロース【写真:Getty Images】

レアルではCL3連覇に貢献、ロシアW杯でもインパクトのあるゴールをマーク

 ロシア・ワールドカップ(W杯)で史上初めてグループリーグ敗退し、大会後にはアーセナルMFメスト・エジルが代表引退を表明するなど、2018年はドイツにとってネガティブな話題が相次いだ。そうしたなかで、記者が選ぶドイツの2017-18シーズン年間最優秀選手賞にレアル・マドリードのMFトニ・クロースが選出された。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 この賞は、ドイツ・スポーツ・ジャーナリスト協会(ドイツ語でVerbandes Deutscher Sportjournalisten/VDS)所属の記者による投票で決定。全475票のうち、4割近くに相当する185票を獲得したクロースが初受賞を果たした。

 昨季、レアル・マドリードではUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を達成。その他にはUEFAスーパーカップ、スペイン・スーパーカップ、FIFAクラブ・ワールドカップ優勝を経験し、クラブレベルで多くのタイトル獲得に貢献しており、その活躍はその他の選手を凌駕した。

 また、ロシアW杯で低迷した代表チームでも、個人としてインパクトのあるゴールを決めたのがクロースだった。スウェーデンとのグループリーグ第2戦、1-1で迎えた後半アディショナルタイムに左サイドからのFKで、一度ボールを動かしてから右足を振り抜くと、カーブのかかった鋭いシュートをファーサイドのネットに突き刺し、ドイツに勝利をもたらした。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング