元日本代表MF、“外国人枠撤廃案”の問題点指摘 「一般企業に就職した方が安定だと…」

ヘーレンフェーンMF小林祐希【写真:Getty Images】
ヘーレンフェーンMF小林祐希【写真:Getty Images】

ヘーレンフェーンMF小林がファンと意見交換「選手を目指さなくなってしまわないか」

 Jリーグは元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)や同FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)と大物助っ人の加入で、外国籍選手枠の規制緩和や撤廃に向けた議論が浮上するようになった。ヘーレンフェーンの元日本代表MF小林祐希は自身のツイッターで持論を展開しつつ、「サッカー選手を目指さなくなってしまわないかな」と問題点を指摘している。

 イニエスタを獲得した神戸は、中断期間に2016年のJ1得点王であるブラジル人FWレアンドロ(→J2東京ヴェルディ)、韓国代表MFチョン・ウヨン(→アル・サッド)を放出。Jリーグでは外国籍選手枠について、登録は1チーム最大5人、試合エントリーも最大5人(外国籍選手枠3人、アジアサッカー連盟加盟国枠1人、Jリーグ提携国枠1人が可能)と定められており、すでに元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、ブラジル人FWウェリントン、タイ代表DFティーラトン、韓国代表GKキム・スンギュを抱えるなかでは、イニエスタと契約するためには枠の空きを作るしかなかった。

 こうした動きも手伝い、外国籍選手枠の規制撤廃や撤廃については議論がなされ、一部では早ければ来季から導入の可能性も報じられている。そんななか、オランダ1部ヘーレンフェーンに所属する小林が公式ツイッターで自身の見解を述べた。

「外国人枠規制が緩和、もしくは撤廃になったら日本人選手と同じ給料で能力の高い選手たちが沢山Jリーグにやってきて日本のレベルは上がるから良いことですね。それとは裏腹に多くの日本人選手が職を失う可能性がある」

 2016年にオランダへ渡り、“海外組”の一員となった小林。能力の高い外国籍選手が加入することはリーグ全体のレベルアップにつながると歓迎する反面、日本人選手の出場機会が減る“デメリット”を懸念した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング