神戸MFイニエスタの「黄金タッチ」に海外衝撃 「魔法が再発動」「信じられない!」

イニエスタはヴィッセル神戸加入後、柏戦で初スタメンを飾った【写真:Getty Images】
イニエスタはヴィッセル神戸加入後、柏戦で初スタメンを飾った【写真:Getty Images】

柏戦でJリーグ初先発、開始早々に観客を驚かせる華麗なトラップを披露

 今夏、バルセロナからヴィッセル神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが28日のJ1第18節柏レイソル戦でJリーグ初スタメンを飾り、1-0と移籍後勝利に貢献した。後半37分までプレーしたイニエスタは存在感を示したなか、Jリーグ公式ツイッターではプレー集を公開。海外メディアもあるトラップに注目し、「魔法が再び発動」「黄金のタッチ」など絶賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前節湘南ベルマーレ戦の後半途中から投入され、Jリーグデビューを果たしたイニエスタ。柏戦で吉田孝行監督が採用したのはバルサが長年ベースとしている4-3-3システムで、イニエスタはインサイドハーフとしてピッチに立った。

 開始6分にいきなり観客を驚かせる衝撃プレーが飛び出す。神戸DF渡部博文が自陣エリア手前から前方のイニエスタにパス。しかし、これはややボールが浮き、さらにコースもずれてしまう。相手に二人に寄せられていたイニエスタだが、右足を思い切り伸ばすと絶妙なタッチでボールを空中に浮かせ、その間に相手の状況を把握。地面にボールが着く際に再び右足でボールをコントロールした。相手がボール奪取を図ろうと近づいた瞬間には余裕を持って味方にパスを出している。

 このワンプレーに会場も沸いたが、海外メディアも大きく取り上げている。衛星放送「ビーイン・スポーツ」は「イニエスタの魔法が再び発動」と伝えれば、ルーマニアテレビ局「Digi Sport」も「前半にスペクタクルな見せ場を作り出した」と言及。さらにペルー紙「デポル」は「とても信じられない! イニエスタは巧みなタッチで驚かせて拍手を浴びた。ヨーロッパからは遠いが主役になっている」と記した一方、鮮やかなトラップを「イニエスタの黄金のタッチ」と絶賛した。

 後半早々に柏FW伊東純也のタックルを受け、ピッチに倒れ込んで悶絶する場面もあったが、その後は後半38分までプレー。FW増山朝陽の決勝点が生まれた場面では、縦パスをスルーしておとりになるなど周囲も生かした。神戸の新プレーメーカーは圧巻のスキルで絶大な存在感を放ち、海外からも脚光を浴びている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング