初先発のトーレス、随所で技術見せるもJ初ゴールならず 鳥栖も磐田と0-0ドロー

サガン鳥栖FWトーレスの初ゴールはお預けとなった【写真:Getty Images】
サガン鳥栖FWトーレスの初ゴールはお預けとなった【写真:Getty Images】

新加入の金崎と2トップ形成、あと一歩のところで合わず

 サガン鳥栖は28日、J1第18節でジュビロ磐田と対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。この日、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは初の先発出場を果たしたが、初ゴールは奪わなかった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 4-3-1-2システムでトーレスと新加入FW金崎夢生が2トップを形成。鳥栖は序盤から裏に放り込み、トーレスの瞬発力を活かす狙いを見せる。CKやFKの場面では、あと一歩のところでボールが合わず、前半をスコアレスで折り返した。

 後半10分には味方からのロングフィードに抜け出したトーレスが胸トラップすると、そのままループシュート。しかし、相手GKの好セーブに遭い、ゴールには至らなかった。

 トーレスは後半34分にFW豊田陽平と途中交代。ゴールこそ奪えなかったものの、アタッキングサードで味方のチャンスを多く演出し、着実にチームにフィットしている姿を見せていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング