PSGが独代表DFボアテングに接触 「選手は十分にいる」とバイエルンCEOは放出に含み

バイエルン・ミュンヘン所属のDFボアテング【写真:Getty Images】
バイエルン・ミュンヘン所属のDFボアテング【写真:Getty Images】

選手の代理人がPSG側と接触と認める 「納得できる移籍金でなければならない」

 パリ・サンジェルマン(PSG)がバイエルン・ミュンヘン所属のドイツ代表DFジェローム・ボアテングに興味を示しているようだ。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOのコメントを伝えている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ボアテングはブンデスリーガ王者と2021年まで契約を交わしているが、ルンメニゲCEOは報道陣に対し「現時点では直接クラブ同士のやり取りはないが、たぶんPSGと彼の代理人は接触しているようだ」とコメント。「今は、最終的に我々が合意できるような条件が得られるかどうか、待っている。両クラブが納得できるような移籍金でなければならない」と話した。

 センターバックを主戦場とするボアテングは、2011年にマンチェスター・シティからバイエルンへ移籍。それ以来、ブンデスリーガ制覇を6回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を1回経験。また、ドイツ代表の一員として14年ブラジル・ワールドカップで優勝メンバーの一人となった。

 だが、ここ数年間は何度も負傷に悩まされており、ニコ・コバチ新監督率いるバイエルンにはドイツ代表DFマッツ・フンメルス、スペイン代表MFハビ・マルティネス、DFニクラス・ジューレといった選手がセンターバックでプレー可能。ルンメニゲCEOは、「ボアテングが去っても、このポジションには十分選手がいる」と放出の可能性に含みを持たせた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング