イニエスタ&トーレスの“黒星デビュー”に英メディア注目 「Jリーグのクオリティーを…」

Jリーグデビューを飾ったイニエスタ(左)とトーレス(右)【写真:Getty Images】
Jリーグデビューを飾ったイニエスタ(左)とトーレス(右)【写真:Getty Images】

試合後のイニエスタのコメントも紹介 「僕は負けるのが嫌いだ」

 ヴィッセル神戸に新加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、22日に行われたJ1第17節の湘南ベルマーレ戦(0-3)の後半14分にFW渡邉千真との交代でJデビューを飾った。また、サガン鳥栖に加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスも、同日のベガルタ仙台戦(0-1)でデビュー。元スペイン代表コンビのJリーグデビューには世界の視線が集まっており、英公共放送「BBC」も報じている。

【PR】DAZNチャレンジで大津祐樹&山中亮輔コンビが打ち出した画期的なアイディアとは?!

「アンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスがJリーグデビューで敗れる」と、「BBC」はビッグネーム二人が新天地で苦杯デビューとなったことを伝えた。

「2万6000人の観衆は34歳の男のためにスペイン国旗を振った」と、神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸の興奮を伝えていた。

 そしてイニエスタの、Jリーグのレベルの高さを伝えるコメントも紹介している。

「負けたのが残念だ。なぜなら、僕は負けるのが嫌いだからだ。しかし、素晴らしき新たな冒険の第一歩に過ぎない。Jリーグのクオリティーを示すフィジカルゲームになった」

 圧倒的な運動量を武器とする湘南に完敗を喫した神戸。イニエスタは相手のフィジカル面を評価していた。

 一方、トーレスについては「ヘディングがセーブされた。彼の新しいクラブは87分に17500人のファンの前でゴールを許し、Jリーグの降格圏にいる」と鳥栖の苦境が伝えられている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング