日本代表MF原口、浦和の元同僚と“笑顔の7ショット” 「マキ! ワタル! ナイスゴール!」

日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】
日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】

名古屋戦をスタンド観戦 ゴールを決めた槙野と“敬礼ポーズ”を交わす場面も

 日本代表MF原口元気は18日、古巣である浦和レッズのゲームを現地観戦。ロシア・ワールドカップ(W杯)を一緒に戦ったDF遠藤航とDF槙野智章がゴールを決めて勝利し、試合後には「マキ! ワタル! ナイスゴール!」と綴るとともに浦和の選手6人との7ショットを公開した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前半戦を14位で折り返した浦和は、リーグ再開初戦で名古屋グランパスと対戦。前半40分にセットプレーから遠藤が豪快なヘディング弾を叩き込むと、後半25分には槙野、その8分後には再び遠藤がゴールを決めて3-1で勝利を飾った。

 ドイツ移籍前の2014年まで浦和に在籍した原口は名古屋戦をスタンド観戦。ゴールを決めた槙野がスタンドを指差しながらコーナー付近に駆け寄ると原口も両手を広げてそれに応え、二人して“敬礼ポーズ”を見せる場面もあった。

 試合後に原口は自身の公式ツイッターを更新。「good game!!! win @REDSOFFICIAL マキ! ワタル! ナイスゴール!」(原文ママ)と綴り、殊勲の槙野と遠藤、MF柏木陽介、GK西川周作、FW興梠慎三、DF宇賀神友弥との“笑顔の7ショット”を公開した。

 槙野も同日、自身のSNSに「勝ちました! ゴールしました! 頑張りました。原口くんに、恩返し出来ました」と投稿し、現地観戦した原口に勝利をプレゼントできたことを喜んだ。

 原口はロシアW杯でベスト16敗退後、「この人とW杯に行けてよかった。どんな時もポジティブでみんなを元気にできる人」とSNSに槙野との2ショットをアップしていたが、槙野、そして浦和との堅い絆が改めて証明される形となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング