OG、VAR、PK、乱入、GK凡ミス… W杯決勝に海外驚愕、「神演出」尽くしの名勝負

フランスが4-2とクロアチアに勝利し、20年ぶり2度目のW杯優勝を飾った【写真:Getty Images】
フランスが4-2とクロアチアに勝利し、20年ぶり2度目のW杯優勝を飾った【写真:Getty Images】

ロシアW杯決勝フランス対クロアチア戦は「幸運と不運が行き交う名勝負」に

 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝が現地時間15日にモスクワで行われ、フランスが4-2とクロアチアに勝利し、20年ぶり2度目のW杯優勝を飾った。両軍合わせて6ゴールの打ち合いとなった一戦では様々な出来事が起きており、海外メディアも「神演出」と驚愕の様子で伝えている。

「フランスとクロアチアのW杯決勝戦は神演出」と伝えたのは、韓国メディア「OSEN」だ。「幸運と不運が行き交う名勝負だった」と総括している。

 試合は前半18分、FWアントワーヌ・グリーズマンのFKがクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの頭に当たってコースが変わり、オウンゴールでフランスが先制。だがクロアチアも同28分に反撃に出ると、MFイバン・ペリシッチが華麗なトラップから左足を振り抜き、圧巻の一撃で1-1の同点に追いついた。ところが同35分にフランスがCKを得ると、同点弾を決めたペリシッチが手でクリアする形となり、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)の結果、PKと判定。これをグリーズマンが決めて、2-1とフランスのリードで前半を折り返した。

 後半7分過ぎにはクロアチアがボールをキープしている際にスタンドから複数の男が乱入。試合が中断するアクシデントが発生し、会場は一時騒然とした。そんななか同14分、MFポール・ポグバの絶妙なスルーパスにFWキリアン・ムバッペが抜け出し、中央でグリーズマンがつないで最後はポグバが鮮やかに流し込んだ。同20分には、ゴール正面約20メートルの位置でボールを受けたムバッペが右足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、4-1とリードを広げた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング