今夏レアルに「二人の“銀河系”が来る」 現地紙がC・ロナウドの後継者候補4人を予想

移籍したC・ロナウドの後継者と噂される(左から)ネイマール、アザール、ケイン、ムバッペ【写真:Getty Images】
移籍したC・ロナウドの後継者と噂される(左から)ネイマール、アザール、ケイン、ムバッペ【写真:Getty Images】

スペイン紙が特集 ペレス会長の本命はやはりネイマールか

 レアル・マドリードは9シーズンにわたってエースに君臨したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、イタリア王者ユベントスへ電撃移籍した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇中の欧州王者は、その穴埋めに追われるが、スペイン紙「マルカ」は「二人のギャラクティコ(銀河系)が来る」と夏の補強を予想している。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 クラブ歴代最多451得点を積み重ねてきた大エースのロナウドを失った影響は計り知れない。リーガ・エスパニョーラのタイトル奪還やCL4連覇が懸かる新シーズンに向けて補強は急務となっている。

 記事で「ロナウドがしてきたように、(シーズン)50ゴールを保証してくれる選手はいない」と指摘されているように、前任者と肩を並べる決定力の持ち主を見つけることは困難を極める。それこそ宿敵バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ以外には存在しないだろう。

 そうした状況で“白い巨人”は今夏、二人のアタッカー獲得でロナウドの穴を埋めようと考えているという。候補として挙がっているのは4選手。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、そしてトットナムのイングランド代表FWハリー・ケイン。いずれもワールドクラスの実力を備えるストライカーやサイドアタッカーで、移籍金は一人で数百億円が動くというレベルの選手たちだ。

 フロレンティーノ・ペレス会長はとりわけネイマール獲得を夢見ていると言われている。二人の銀河系タレント加入が噂されているが、レアルは望み通りの補強を叶えることができるのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング