日本代表、本田&長谷部ロス? ロシアW杯後に相次いだ“代表引退”の気になる余波

長年、主力としてチームを牽引してきた本田と長谷部が去る影響は大きく、“本田&長谷部ロス”がファンの間でも拡大している【写真:Getty Images】
長年、主力としてチームを牽引してきた本田と長谷部が去る影響は大きく、“本田&長谷部ロス”がファンの間でも拡大している【写真:Getty Images】

ロシアW杯後、本田は「若い世代に引き継いでもらいたい」と代表引退を示唆

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3と逆転負けを喫し、日本初のベスト8進出を逃した。以前より最後のW杯と公言していたMF本田圭佑に続き、試合翌日にMF長谷部誠やDF酒井高徳らが相次いで“代表引退”を宣言。なかでも長年、主力としてチームを牽引してきた本田、長谷部が去る影響は大きく、“本田&長谷部ロス”が代表チームだけでなく、ファンの間でも拡大している。今後、その余波はどのような形で現れるのだろうか。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 西野朗監督率いる日本は、2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会に続いて16強の壁に挑戦した。ベルギー戦では、0-0で迎えた後半3分にMF原口元気の一撃で日本が先制すると、同7分にはMF乾貴士が強烈な無回転ミドルで追加点。ところが同24分にDFヤン・フェルトンゲン、同29分にMFマルアン・フェライニに被弾して追いつかれ、後半アディショナルタイムに高速カウンターからMFナセル・シャドリに決勝弾を叩き込まれた。

 2-0からひっくり返される大逆転負けに日本の選手たちは肩を落とした一方、ベルギー側は歓喜に沸き、ピッチ上に残酷なコントラストが広がる。乾やDF昌子源、DF酒井宏樹らはピッチ上で涙に暮れ、西野ジャパンの冒険はベスト16で幕を閉じた。

 激闘の直後、かねてよりロシアW杯がラストと公言していた本田は「4年後は見られない。それはハッキリしている」と改めて強調。そのうえで「今日、活躍した若い世代にしっかり引き継いでもらいたい」と事実上の代表引退を示唆した。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング