日本の“黄金のトライアングル”、米メディアの選手採点で両軍最高評価 「最大の躍動」

ベルギー戦での働きが米メディアから高評価された(左から)長友、香川、乾の3選手【写真:Getty Images】
ベルギー戦での働きが米メディアから高評価された(左から)長友、香川、乾の3選手【写真:Getty Images】

乾、長友、香川が織りなす“左サイドの三角形”に海外も注目

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で後半アディショナルタイムにベルギーに決勝点を奪われ、2-3で逆転負けを喫した。“レッドデビルズ(赤い悪魔)”の異名を持つタレント軍団を追い詰めた西野ジャパンにおいて、国際的な評価を高めたのは誰か――。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」では両チームの選手採点を行い、日本が誇る左サイドの黄金のトライアングルが最高評価を手にしている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ロシアの大地で鮮烈なインパクトを放ったのは、緻密にして、華麗かつダイナミックな日本のトライアングルだった。

 左サイドハーフのMF乾貴士、左サイドバックのDF長友佑都、そしてトップ下のMF香川真司の三銃士はベルギー守備陣に脅威を与え続け、両軍最高となる「8点」の高評価を手にしている。

 寸評でも、長友は「至るところにいた。守備では元インテルのスターはクロスをカットし、ギリギリのブロックやヘディングでのクリアを見せた。何度も攻撃参加し、エリアにクオリティーの高いボールを送り込んだ」と称賛されている。

 香川については、「近年で代表戦最高のパフォーマンスの一つ。序盤にはゴールのお膳立てをうかがい、常にボールを求めていた。ボールを持たない時には、深く引いて中盤を助けた。そして、ボールを持った時には、ボルシア・ドルトムントの男は何かを起こしたのだった」と分析。ベルギーのプレスにもボールを失わず、チャンスメークを続けたプレーメーカーぶりは最大限の評価を得ている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング