「悔いがないと言えば嘘」 MF香川、大逆転敗北に落胆「何が原因か分からない」

香川は、「何が原因か分からない」と落胆の言葉を残している【写真:Getty Images】
香川は、「何が原因か分からない」と落胆の言葉を残している【写真:Getty Images】

両軍最多の走行距離を記録するなど奮闘するも、2-0から悔しい逆転負け

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。まさかの逆転敗北劇となったなか、MF香川真司は「受け入れがたい結果」「何が原因か分からない」と落胆の言葉を残している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 W杯グループリーグ第1戦コロンビア戦(2-1)、第2戦セネガル戦(2-2)に続き、ベルギー戦でもトップ下で先発した香川はフル出場。FIFA(国際サッカー連盟)が試合後に公開したデータでは、両チームで走行距離最長の12.04キロを記録するなど運動量の多さが際立った。

 試合は0-0迎えた後半3分にMF原口元気の一撃で日本が先制すると、同7分にはMF乾貴士が強烈な無回転ミドルで追加点。ところが同24分にDFヤン・ヴェルトンゲン、同29分にMFマルアン・フェライニに被弾して追いつかれると、同アディショナルタイムにMFナセル・シャドリに決勝点を奪われて敗れた。

「自分自身、悔いがないと言えば嘘になっちゃいますけど、やはりここに全てを懸けてやってきた。今日の試合前に自分自身に言い聞かせながら、勝つか負けるか。一発勝負の舞台で、全てを出しきろうと」

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング