メキシコ監督がネイマールの演技に怒り心頭 「あれはサッカー界の恥だ」

メキシコ代表のオソリオ監督が、ブラジル代表のネイマールに苦言を呈した【写真:Getty Images】
メキシコ代表のオソリオ監督が、ブラジル代表のネイマールに苦言を呈した【写真:Getty Images】

オソリオ監督がブラジル代表エースの“マリーシア”に苦言

 メキシコを率いるフアン・カルロス・オソリオ監督は、現地時間2日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でブラジルに0-2で敗れた試合後、「ネイマールはサッカー界の恥」と痛烈に批判した。英公共放送「BBC」が報じている。

 ネイマールは1得点1アシストの活躍でブラジルを準々決勝へと導いた一方、もう一つのハイライトが存在した。後半20分過ぎにタッチライン際で倒れ、ボールを拾いに来たメキシコのMFミゲル・ラジュンの足がネイマールの右足を軽く踏みつけるようになった場面で、手で顔面を覆って転がり回った。

 結局、主審はラジュンにイエローカードなどの罰則は与えず、試合が再開されるとネイマールは何もなかったかのようにプレーに復帰した。この一連の行為に、オソリオ監督は怒りを爆発させた。

「あれはサッカー界の恥だ。一人の選手のために、我々は多くの時間を浪費した。これは激しいぶつかり合いのある男の戦いであり、道化を競うものではない」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング