イングランドが“狂乱のW杯”の主役へ 母国紙主張「黄金の抜け道が切り開かれている」

イングランド代表が52年ぶりの決勝進出に光明が見えたと各国メディアが報じている【写真:Getty Images】
イングランド代表が52年ぶりの決勝進出に光明が見えたと各国メディアが報じている【写真:Getty Images】

グループリーグはベルギーの後塵を拝すも、52年ぶりの決勝進出にチャンス

 イングランド代表は現地時間3日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でコロンビア代表と対戦する。グループGではベルギーの後塵を拝して2位通過となったものの、ここにきて優勝とは縁遠かった”スリー・ライオンズ”に追い風が吹き始めている。

 現地時間2日、優勝候補のスペインがPK戦の末に開催国ロシアにアップセットを食らい、まさかのベスト16敗退。これにより、二つに区切った“山”ではイングランドが唯一の優勝経験国となり、52年ぶりの決勝進出に光明が見えたと各国メディアが報じている。

 英紙「ザ・サン」は「我らの道にスペインはもういない」と伝え、「決勝に向けて最大の壁だったスペインの不在は、サウスゲイト監督の背中を押すことになるだろう」と、“無敵艦隊”の早期敗退による恩恵を強調していた。

 英公共放送「BBC」が「クレイジーな大会でイングランドに決勝進出への道が残される?」と伝えれば、英衛星放送「スカイ・スポーツ」は「W杯ファイナルへの道が開拓されている」と見出しを打って特集を組んでいる。

 また、母国メディアのみならず、衛星放送「ユーロスポーツ」も、「スペインの脱落により、イングランドは信じられないようなチャンスを目の前にしている。残りのカードを踏まえて、その時が訪れてもおかしくない」と、悲願の決勝進出に太鼓判を押していた。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング