「なんで追いつけんのやろ」 DF昌子もベルギー“速攻弾”に驚愕「気付けばゴール前」

日本代表DF昌子も驚愕の高速弾だった【写真:Getty Images】
日本代表DF昌子も驚愕の高速弾だった【写真:Getty Images】

2-2で迎えた後半ATに悪夢のカウンター被弾

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 2-2で迎えた後半アディショナルタイムに日本がCKを獲得。MF本田圭佑のキックはそのまま相手GKティボー・クルトワにキャッチされると、素早く前方のMFケビン・デ・ブライネにつながれベルギーの高速カウンターが発動した。自陣エリア前からドリブルで一気に持ち上がると、右サイドへパス。勢いよく駆け上がったDFトーマス・ムニエからラストパスがゴール前に送られると、FWロメル・ルカクがスルーし、最後は途中出場のMFナセル・シャドリが流し込んで勝負は決した。

「カウンターを仕留められると思った瞬間なのか知らないけど、(GK)クルトワ選手が(ボールを)持った瞬間、僕も全速力で追いかけたけど、追いつけない。スピードが落ちることなく、気付けば僕らのゴール前にいる」

 シャドリがシュートを放った瞬間、すぐ背後から身体を投げ出すスライディングタックルで阻止を図ったのが昌子だった。「僕らがあれだけ後ろから追いかけて、足音が聞こえてパスがちょっとマイナスにいったとか、スピードが落ちるだけでも、俺の最後のスライディングが届いたと思う」と失点場面を振り返るが、「なんせ落ちない」と驚愕の高速弾だった。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング