「ここまでスシが手強いとは…」 ベルギー紙が日本の善戦に驚くもラストプレーは無謀と揶揄

ベルギー紙が、日本の善戦に驚くもラストプレーは無謀と揶揄している【写真:Getty Images】
ベルギー紙が、日本の善戦に驚くもラストプレーは無謀と揶揄している【写真:Getty Images】

想定外の展開から生還した優勝候補

 日本は、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦し、後半アディショナルタイムに決勝点を許し2−3の大逆転負けを喫した。対戦国メディアからは、このベルギーの決勝点のトリガーとなった日本のCKを「奇妙なリスク」「紛うことなき神風」と無謀だったと揶揄されている。ベルギー紙「HLN」が報じた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 一時は2点差をつけるなど、日本は優勝候補の一角を危機的状況にまで追い込んだ。その善戦を同紙は、「ここまでスシが手強いことはなかった! デビルズは想定外の0−2の恐怖から3−2の勝利でブラジルとの準々決勝に進出」と伝えた。

 日本相手に劣勢に立たされた自国の代表チームについては、「ロストフのローラーコースター」と呼び、辛辣だった。

「日本式のハラキリが待っていると示唆するものは、前半は何もなかった。マルティネスはコンパニーを投入した。ブラジル戦を視野に、出場時間が必要だった。そして、それが赤い悪魔としての最後の時間になりそうだった」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング