西野J、強豪ベルギー相手の“真っ向勝負”を英紙称賛 「時間稼ぎも茶番も駆使せず」

「挑戦は最高に称えられるべきもの」

「なんて後半戦だったんだ。圧倒的に輝かしかった。最高のスピリットで立ち向かった。そして2-0となっても、日本は時間稼ぎに出なかった。時間を一切無駄にはしようとせず、茶番を駆使することもなかった。それもあり、代償を払うことにもつながってしまっただろう。だが、その挑戦は最高に称えられるべきものだった」

 日本はグループリーグ最終戦のポーランド戦では、突破をつかみ取るために十数分間にわたって自陣でボールを回し続ける“時間稼ぎ”が世界で物議を醸していたが、この日は圧倒的な破壊力を持つベルギーを相手に3点目を取りに行く姿勢を貫いた。結果的に、大逆転負けを喫してしまったが、日本のプライドを示す試合となったことは間違いないだろう。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング