西野J、強豪ベルギー相手の“真っ向勝負”を英紙称賛 「時間稼ぎも茶番も駆使せず」

英紙「ガーディアン」は、最後まで真っ向からベルギーに挑んだ日本の姿勢を高く評価している【写真:Getty Images】
英紙「ガーディアン」は、最後まで真っ向からベルギーに挑んだ日本の姿勢を高く評価している【写真:Getty Images】

2点リードから3連続失点で痛恨の逆転負けも、英紙「圧倒的に輝かしかった」

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦し、2-3と惜敗した。FIFAランキング3位の優勝候補をあと一歩のところまで追い詰めたが、アップセットには至らなかった。それでも、英紙は最後まで真っ正面から立ち向かった西野ジャパンに賛辞を送っている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 立ち上がりから互角の戦いを演じると、後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士がゴールを奪い2-0とリード。しかし、そこからギアを上げたベルギーは怒涛の猛攻で、後半24分、29分、そしてアディショナルタイム4分と日本のゴールネットを揺らし、壮絶な打ち合いを制した。

 残り約20分で2点リードと試合を優位に進めていたものの、そこからの3連続失点で、悲願のベスト8進出が手中からこぼれ落ちることになった。終了のホイッスルが鳴った直後に泣き崩れ、ピッチを拳で叩きつけるDF昌子源の姿が、その悔しさの全てを物語っていた。

 しかし、英紙「ガーディアン」は、最後まで真っ向から優勝候補に挑んだ日本の姿勢を高く評価している。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング