長友の新天地にベティスが再浮上 加入決定済の乾とホットライン形成なるか

長友の新天地にベティスが再浮上【写真:Getty Images】
長友の新天地にベティスが再浮上【写真:Getty Images】

ガラタサライへの完全移籍が秒読みと報じられるなかでベティスの補強候補に浮上

 日本代表DF長友佑都はインテルからガラタサライへの完全移籍が秒読み段階と報じられているなか、MF乾貴士の加入が決まったスペイン1部ベティスに移籍する可能性が急浮上した。スペインテレビ局「ABC」セビージャ版が報じている。

 ベティスは左サイドバック(SB)のレギュラーだったデンマーク代表DFリザ・ドゥルミシのラツィオ移籍が決定。記事によれば、手薄になったポジションの補強に動き始め、ラージョ・バジェカーノのスペイン人MFアレックス・モレーノ、セルタのスペイン人DFホニー・カストロの名前が挙がるなか、日本が誇るダイナモの名前も急浮上している。

「ベルディブランカ(緑と白の意。ベティスの愛称)の副会長はユウト・ナガトモを視界から失っていない。タカシ・イヌイとロシア・ワールドカップで共闘している」

 ベティスは今年1月の移籍市場で長友獲得に動いた経緯がある。記事によれば、パラグアイ代表FWアントニオ・サナブリアらインテルへのトレード要員も準備しているという。

 長友は自身初のスペイン上陸を果たし、乾とのホットラインを形成することになるのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング