「申し訳なかった」 本田圭佑、観客ブーイングのパス回しで謝罪も…懇願「理解して」

本田はグループリーグ突破を優先したチーム事情を理解してほしいと懇願した【写真:Getty Images】
本田はグループリーグ突破を優先したチーム事情を理解してほしいと懇願した【写真:Getty Images】

W杯ポーランド戦の終盤にファンが不満露わ、試合後に本田がファンに謝罪コメント

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗れた。0-1と日本劣勢の試合中に他会場の情報が入り、消極的なパス回しに終始して会場からブーイングを浴びた日本だが、出場機会のなかったMF本田圭佑は「面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なかったと思う」と謝罪した一方、「理解してほしい」と懇願した。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 コロンビア戦とセネガル戦で同じ11人を送り出していた西野監督だが、ポーランド戦では6人の入れ替えを決断。試合は後半14分に先制点を献上して1点リードされたなか、他会場でコロンビアが先制した情報が入り、日本はリスクを負って攻めるのを止めた。失点とイエローカードを避け、その後は後方でのパス回しに終始。終盤の攻防を楽しみにしていたファンからは大ブーイングが飛んだ。

 最終的に同時刻にキックオフされた他会場でコロンビアが1-0とセネガルに勝利。日本はセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並ぶも、イエローカード数を含めた「フェアプレーポイント」で上回り、辛うじて3度目の16強進出を決めている。

 ポーランド戦の終盤には異様な光景が広がった。0-1で負けている日本が後方でパスを回し始め、一切攻める気配を見せない。それをすぐさま把握したファンは不満を露わにしたが、ピッチ脇でその様子を見ていた本田は「ただただブーイングを送っていた、面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なかったと思う」と謝罪のコメントを残している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング