「申し訳なかった」 本田圭佑、観客ブーイングのパス回しで謝罪も…懇願「理解して」

「でも勝たないと…」突破を最優先、今後の「良いサッカー」約束

 もっともグループリーグ突破を最優先にしていた日本にとって、最善の一手とは言えないものの、決して“悪手”でもなかった。突破条件と現状の両方を踏まえたうえで打った“好手”だったが、ファンからすればブーイングも止む無しの展開だったと言える。

 本田はチームとファンの両視点を考慮しつつ、「でも勝たないと、次に進まないと、良いサッカーをして、ファンを喜ばせることもできないという意味では、理解してほしいなと思います」とコメント。今後の“良いサッカー”を約束しつつも、まずはグループリーグ突破を優先したチーム事情を理解してほしいと懇願した。

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング