日韓W杯4強の英雄、韓国代表に苦言連発 「付け焼刃」「好きにやらせるにも限界」

W杯敗退危機の韓国代表についてアン・ジョンファン氏が言及した【写真:Getty Images】
W杯敗退危機の韓国代表についてアン・ジョンファン氏が言及した【写真:Getty Images】

元Jリーガーのアン・ジョンファン氏がW杯敗退危機の後輩たちに言及

 韓国代表は現地時間23日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でメキシコに1-2で敗戦。大会2連敗を喫し、自力での決勝トーナメント進出の可能性が潰えた。元韓国代表FWアン・ジョンファン氏は、「私たちはいつまでワールドカップに参加することに精一杯でいるのだろうか」と思いを吐露している。韓国紙「中央日報」が報じた。

 韓国は前半26分、JリーグのFC東京でプレーするDFチャン・ヒョンスが相手のクロスを腕で阻止してしまい、ハンドを取られてPKを献上。これをメキシコFWカルロス・ベラに決められて先制を許した。後半21分にも、メキシコ得意のカウンターの餌食となって2失点目。後半アディショナルタイムにエースのFWソン・フンミンが左足の強烈なミドルシュートを突き刺して1点を返したが、そのまま1-2で敗れた。

 ソン・フンミンは試合後に号泣し、「申し訳ない」と母国のファンに謝罪。韓国メディアは自力でのグループリーグ敗退の可能性が消滅して代表チームについて厳しい論調で報じている。そんななか、2002年日韓W杯ベスト4進出の立役者であり、大会後にはJリーグの清水エスパルスと横浜F・マリノスでプレーしたアン・ジョンファン氏が、韓国放送局「MBC」のW杯解説内で自身の見解を示している。

 まず、ハンドとタックル失敗で2失点に絡んでしまったチャン・ヒョンスについて問われると、「サッカーの先輩として特定の選手の話をするのは好きではない」と前置きしつつも、「そう言って避けてもいられない」とメキシコ戦と今大会の出来について語った。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング