W杯で急成長…日本代表を支える「覚醒カルテット」 ベスト布陣から外せない理由

西野ジャパンに活力を与えている4選手 (左から)昌子、柴崎、乾、酒井宏【写真:Getty Images & AP】
西野ジャパンに活力を与えている4選手 (左から)昌子、柴崎、乾、酒井宏【写真:Getty Images & AP】

W杯2試合で同じ11人を先発に送り込んだ西野監督 初戦で抜擢のDF昌子が急成長

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦で激闘を演じ、2-2と引き分けた。初戦のコロンビア戦に2-1と勝利しており、28日のポーランド戦で引き分け以上の結果を残せば、ベスト16進出が決まる状況だ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は大会前の下馬評を覆す出色のパフォーマンスを披露しているが、そんなチームを支えるのが、ロシアW杯を通じて覚醒した4選手だ。このカルテットは、今やベスト布陣から絶対に外せないほど強烈な存在感を示している。

 西野朗監督は19日のコロンビア戦、24日のセネガル戦で同じ11人を先発としてピッチに送り込んだ。それは裏返せば、指揮官がW杯メンバー23人の中で様々な可能性を考慮したうえで「最適解」と判断した結果と言える。

 11人の顔ぶれはGK川島永嗣、左サイドバックに長友佑都、CBに昌子源と吉田麻也、右サイドバックに酒井宏樹。2ボランチに長谷部誠と柴崎岳、2列目の左サイドハーフに乾貴士、中央に香川真司、右サイドハーフに原口元気が入り、1トップは大迫勇也となっている。

 キャプテンの長谷部をはじめ、最終ラインを統率する吉田、代表キャップ100試合を超える長友ら実力者が揃うなか、世界の舞台で急成長を遂げている一人がDF昌子だ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング