「まともにやっても勝てない」 司令塔・柴崎が導き出した“セネガル攻略法”とは?

柴崎の眼に映った“セネガルの守備網の粗さ” 「ちょっと疑問なところがある」

「(セネガルは)組織立っているとはいえ、日本の流動的なポジションチェンジからのボール回しだったり、動き回っている選手をつかめるのかどうかは、ちょっと疑問なところがある」

 セネガルは個々の選手が優れたフィジカル能力を有する一方、チームとしても高い組織力を備えている難敵。しかし、柴崎の眼には守備網の粗さが目立ったようだ。日本の流動的な攻撃に、セネガル撃破のポイントがあると見ている。

「そういったところを掻き回していきたいと思う。そこからファイナルサード(三分割したピッチの相手ゴール側エリア)に入って、良いチャンスを作っていきたい」

 攻守両面においてセネガル攻略法を説く柴崎。ピッチ上でどのようなパフォーマンスを披露してくれるだろうか。

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング