「まだ言ったことないかも」 長友佑都が“選手間の意見”を告白「正直セネガルが…」

長友はセネガルが一番強いという選手間の意見を明かした【写真:Getty Images】
長友はセネガルが一番強いという選手間の意見を明かした【写真:Getty Images】

W杯グループリーグ第2戦の相手セネガルについて「普通に臨んだら勝てない相手」

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガルと激突する。DF長友佑都は対戦国について「普通に臨んだら勝てない相手」と認めつつ、「メディアのみなさんの前では、まだ言ったことがないかもしれないですけど……」と選手間の意見を伝えている。

 西野朗監督率いる日本は、19日のW杯グループリーグ初戦でコロンビアに2-1と勝利。続くセネガル戦で日本が勝利し、他会場のコロンビアがポーランドに引き分け以上だと日本のグループリーグ突破が決まる。逆にセネガルが日本に勝利し、ポーランドが引き分け以上だとセネガルがグループリーグ突破となる状況だ。

 両国の決勝トーナメント進出が懸かった一戦となるが、長友は「普通に臨んだら勝てない相手」とセネガルを格上認定。「コロンビア戦で出した一体感以上のものを出せないとセネガルには勝てない」と警戒を強めている。

 長友はW杯対戦3カ国の分析を自分なりに済ませたなかで、一つの思いを抱いたという。「メディアのみなさんの前では、まだ言ったことがないかもしれないですけど……」と切り出すと、「正直セネガルが一番強いなと選手同士でも話をしていた」と明かした。日本代表の選手たちは、コロンビアやポーランドよりもセネガルを最大の難敵と見ている。

「普通にやったらやられるなと。チームが一体感を出せなければ勝ち目はないっていうぐらいのレベル」

 過去2大会W杯を経験し、イタリアの名門インテルで7シーズン戦った男が、「普通にやったらやられる」という感覚を抱くほどの相手。勝利の鍵として、長友はコロンビア戦以上の一体感を挙げている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング