「俺をちゃんと見ておけと」 初戦1アシストの本田、セネガル戦で強気のパス要求

本田がセネガル代表の弱点を分析【写真:Getty Images】
本田がセネガル代表の弱点を分析【写真:Getty Images】

セネガルの弱点を分析も… “パスの出し手と受け手の関係性”も影響と説明

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利し、24日にセネガル戦に臨む。グループリーグ突破も懸かる一戦となるなか、MF本田圭佑はセネガルの弱点を分析。パサーとしてだけでなく、ボールを受ける側としてもイメージを膨らませ、「俺をちゃんと見ておけと言っておきたい」と強気の要求をしている。

 コロンビア戦の本田は、1-1で迎えた後半25分からMF香川真司に代わって途中出場すると、その3分後に左CKから正確なキックをゴール中央に供給。FW大迫勇也が決勝へディング弾を叩き込み、2-1勝利に貢献。1アシストと結果を残した本田は、その後に太もも打撲で状態が不安視されていたが、「大したことはないです」と軽傷を強調した。

 日本が続くセネガル戦で勝利し、日本対セネガル戦後に行なわれる一戦でコロンビアがポーランドに勝つか、引き分ければ日本は16強進出が決まる。本田はセネガルを分析し、「僕自身で突ける部分もある」と口にしているが、その一方でパスの出し手と受け手の関係性も大きく影響すると説明した。

「もちろん(パスを)供給する側との兼ね合いもあって、僕が供給する側なのか、される側なのか。どっちかで変わってくる。そういう動き出しをする選手にはしっかり見てあげたいし、出せる選手には俺をちゃんと見ておけと言っておきたい」

 コロンビア戦では出し手として存在感を放ったが、セネガルの弱点を突く意味でも、本田は自身へのパスも積極的にリクエストしている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング