韓国のW杯中継で“アン・ジョンファン語録”が話題 川島のFK失点は「高速道路が作れる」

川島がキンテーロのグラウンダーショットを防ぎ切れず、一時は同点に追いつかれた【写真:Getty Images】
川島がキンテーロのグラウンダーショットを防ぎ切れず、一時は同点に追いつかれた【写真:Getty Images】

2002年日韓W杯の英雄が、日本対コロンビア戦の解説で語った言葉が注目される

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦で、日本が強敵コロンビアを2-1で破ったことは、韓国でも大きな話題となっている。

 特にMBC、SBS、KBSのテレビ局3社が試合を一斉に生中継するほどの注目度で、視聴者もどのチャンネルを見るか迷っていたに違いない。その中でも最も視聴率が良かったのがMBCで、「5.9%」もあったという。この数字を引っ張ったのが、解説を務めた元韓国代表FWアン・ジョンファン氏だ。

 2002年日韓W杯ベスト4進出の立役者であり、大会後にはJリーグの清水エスパルスと横浜F・マリノスでプレー。日本での知名度も高い同氏によるコロンビア戦の解説コメントが、韓国で話題となっている。

 経済紙「ソウル経済」によると、アン・ジョンファン氏は「(日本の結果を受けて)明らかに韓国と比較する方が多いと思うが、サッカー選手としてはとても気に障る。(韓国代表選手を)バカにするファンも多いかもしれないと思うと、かなり心配だ」と話したという。

 W杯初戦の韓国と日本の結果を比べて、自国選手のことを嘆くファンが増えないかをとても心配している様子。その上でアン・ジョンファン氏は、「韓国の選手はもっと刺激をもらえばいい。サプライズが起こる大会なので、メキシコ、ドイツ戦でもそれは十分に可能だ」と語り、母国代表の勝利を願っていた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング