中田英寿は「アジアのW杯の象徴」 海外メディアが“先駆者”の栄光のキャリアに再脚光

日本代表としてはW杯に3回出場した中田氏【写真:Getty Images】
日本代表としてはW杯に3回出場した中田氏【写真:Getty Images】

若くして海外に渡り、ローマ時代にはセリエA優勝も経験

 ワールドカップ(W杯)で世界的な注目を集めるのは、優勝候補となる欧州や南米の強豪国のチームや選手だが、これまで数多くのアジア人選手も世界最高峰の舞台で躍動し、その名を世界に轟かせてきた。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、「アジアのワールドカップの象徴」として元日本代表MF中田英寿氏を特集。歩んできた道のりやW杯での功績を含め、「先駆者」として取り上げている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「多くの人々のために道を開いた日本人の先駆者・中田英寿を振り返る」

 記事では、卓越したテクニック、冷静さ、最上級のプレーメーカーとしてのビジョンを持っていたと表現され、中田氏のキャリアを回顧している。

 18歳の時にベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)でデビュー。1998年には日本代表の一員としてフランスW杯に出場した。大会後には三浦知良(現・横浜FC)に次ぐ2人目のセリエA日本人プレーヤーとしてペルージャに加入。1年目から10ゴールを奪う活躍を見せ、2000年には強豪ASローマへと移籍した。ローマでは日本人で初めてセリエA優勝を経験し、その後パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナ、そしてプレミアリーグのボルトンとキャリアを重ねていった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング