「クーデター」「元老院に席を用意」 伊メディアが西野ジャパンを痛烈批判

日本代表の西野朗監督【写真:Getty Images】
日本代表の西野朗監督【写真:Getty Images】

W杯展望で日本代表を詳細にレポート、注目浴びる電撃的な監督交代劇

 西野朗監督が率いる日本代表は、MF香川真司(ドルトムント)やFW本田圭佑(パチューカ)といった経験のある選手を多く選出してロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むが、イタリア衛星放送「スカイ・スポーツ」の大会展望の中で「元老院に席を用意した」と辛辣に批判されている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 出場国の現状を詳細にレポートした記事で、日本はやはり本大会開幕の約2カ月前に起きた、バヒド・ハリルホジッチ前監督から西野監督への急転直下の監督交代劇が大きく取り上げられた。2014年の前回大会をイタリア人監督アルベルト・ザッケローニ氏の下で戦ったチームとの比較で、ハリルジャパンの傾向は世代交代を促した点にあったと触れられている。

「ハリルホジッチのチームはザッケローニ時代に我々に植え付けられた日本のイメージを変えた。誰もが守備をしなければならなかったし、ボールを持った時には違うプレーを要求された。これにより、中盤で特定のプレーを好む前世代の選手たちからの世代交代が進んだ。しかし、2017年12月に韓国に敗れ、ロッカールームが監督を支持せずに、大衆からの興味を失ったことを危惧した日本サッカー協会は、監督交代という介入を選択した」

 ハリルジャパンによる速攻を基本とした攻撃により、ボールポゼッションをしたがる選手たちが居場所を失ったとレポート。それが世代交代の加速を招いたとした。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング