C・ロナウドがレアルに怒り!? 年俸アップ要求も“ネイマール余波”を現地紙指摘

C・ロナウドがレアルと契約を巡って揉めているようだ【写真:Getty Images】
C・ロナウドがレアルと契約を巡って揉めているようだ【写真:Getty Images】

CL決勝後に“過去形”発言で物議を醸したが…

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のメーンキャスト候補の筆頭格と言えば、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。ストイックかつ自己表現力に優れたゴールゲッターが母国に初のW杯制覇をもたらすための戦いに臨む。その一方で、所属するレアル・マドリードとは契約を巡って揉めているようだ。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 レアルの機関紙とも呼ばれるスペイン紙「マルカ」は、「クリスティアーノ・ロナウドはこれまでで最も怒りを持っている」とのセンセーショナルな見出しで記事を配信。勝負どころでのゴール、特にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ユベントス戦では圧倒的な跳躍力を生かしたオーバーヘッドキックを叩き込むなど大会3連覇の原動力となったが、リバプールとの決勝後のインタビューで「マドリードでの日々は素晴らしかった」と過去形で発言して物議を醸している。

 ロナウドはレアルと2021年6月まで契約を結んでいるが、自らの活躍によって報酬アップを求めている模様だ。しかし現在、レアルはパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWネイマール獲得を目論んでいるとの噂がまことしやかに囁かれている。その引き抜きを実現させるためにネイマールに対して超魅力的なオファーを用意する一方、クラブはロナウドを納得させるであろうサラリーを捻出できないのでは、という同紙の見立てだ。

「彼自身が考える価値に対して、それ相応の態度で臨まなければ、それはロナウドをさらに怒らせることになるだろう」

 当のロナウドは現地時間15日に控えるW杯グループリーグ初戦、スペイン戦に向けてロシアで着々と調整を図っている。ピッチ内での圧倒的なプレーぶりとともに、ピッチ外での“マネーゲーム”にも注目が集まりそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング