2連敗の日本に「明らかに欠けている」ものは? 主将・長谷部が明かす西野Jの“弱点”

主将・長谷部が明かす西野ジャパンの“弱点”とは?【写真:Getty Images】
主将・長谷部が明かす西野ジャパンの“弱点”とは?【写真:Getty Images】

長谷部も「間違いなく改善しないといけない」と危機感

 日本代表は現地時間8日、国際親善試合スイス戦で0-2と完敗した。5月30日のガーナ戦(0-2)に続き、西野朗体制で2連敗と苦戦が続くなか、キャプテンのMF長谷部誠は「明らかに欠けている」と代表チームの課題を指摘。「間違いなく改善しないといけない」と危機感を募らせている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 3バック(3-4-2-1、3-4-1-2)をテストしたガーナ戦から一転、日本はスイス戦で4-2-3-1を一貫して採用。1トップに大迫勇也を配置すると、2列目の中央に本田圭佑、左に宇佐美貴史、右に原口元気が入った。2ボランチに長谷部と大島僚太、最終ラインは左から長友佑都、槙野智章、吉田麻也、酒井高徳が並び、GKは川島永嗣が起用されている。

 最終ラインをある程度高く保ちつつ、前線との間を狭めてコンパクトな陣形を維持した日本の守備は一定の強度を維持。前半41分に酒井高が抜かれ、カバーに入った吉田が相手を倒してPKを献上するまで耐え続けていた。

 攻撃の意識を強めた後半に追加点を奪われて0-2で敗れたが、長谷部は「負けておいて言うのもなんですが、本当にやられたなというのはそこまでない」と一定の手応えを得たと証言する。「ただ最後の部分でファウルを与えてしまうとか、たとえば2失点目のところも、僕のところで足を取られて対応できなかった」というのが実感のようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング