シャキリのリバプール移籍は正しくない!? 英紙指摘「クロップの戦術には合わない」

シャキリは、リバプールへの移籍が噂されているが、正しい判断ではないという見解を英紙が報じている【写真:Getty Images】
シャキリは、リバプールへの移籍が噂されているが、正しい判断ではないという見解を英紙が報じている【写真:Getty Images】

攻守でハードワークを求められるリバプールではシャキリのスタイルは疑問符か

 ストーク・シティのスイス代表MFジェルダン・シャキリは、リバプール行きが噂されている。しかし一方で、移籍は正しい判断ではないという見解を英紙「デイリー・スター」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 今季ストークはリーグ戦19位に終わり、2部降格が決定。シャキリは退団の意思を表明し、エバートンや日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが獲得に関心を示しているが、なかでも本腰を入れているのがリバプールだ。1200万ポンド(約17億5000万円)でオファーを提示する意向で、シャキリ自身も前向きな姿勢を示しているとされる。

 しかし、一方で記事では、今季リーグ戦36試合で8得点7アシストを記録したスイス代表アタッカーが、リバプールファンに歓迎される様子が見受けられないと言及。その理由は、プレースタイルにあるという。

「リバプールファンはネット上でこう綴っています。『(シャキリは)偉大なプレーヤーであり、偉大なスキルを備えているが、ハードワークを求めるクロップの戦術には合わない』と」

 記事では、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」のレポーターを務めるマーク・ドナルドソン氏のコメントを紹介している。シャキリは攻撃でアクセントとなるスキルやシュートを備える反面、試合から消えてしまう時間も少なくない。攻守両面で激しい運動量が欠かせないユルゲン・クロップ監督との相性には疑問符が付けられているようだ。

 リバプールファンやクロップ監督も、シャキリのワールドカップでのプレーに注視することになりそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング